レディ

うつ診断で原因解明!症状を治すためにできること

こじらせる前に

男の人

早期発見が大事です

意欲の減退や不眠、理由もなく続く落ち込みといった症状が診られるうつ病。目に見えない心の病の為、疲れているから、ただ甘えているだけ等と、病気である事を認識してもらえない事も多く、発見が遅れ、こじらせてしまう人も多いです。うつ病は、薬による投薬治療と、心身を休める療養治療によって、徐々に回復していく病で、早期に治療を始めると回復も早まる傾向があります。その為、本来は発見も早期にする必要がありますが、上記の理由で病である事に気づかれにくいのが現状です。真面目で気を遣いやすい人等が患いやすい、この病。ストレスを抱え込みがちな日本人の中で、その患者数は増加の一途を辿っています。疑われるような症状が出た場合は、無視せず、きちんと病院での診断を受けて下さい。うつ病の診断は、医師による診察と、その診察結果を診断基準と照らし合わせる事で行われ、診察だけでの診断が難しい場合は、心理検査を併用します。この際、最も重要となるのが、医師の診察です。診察では、患者がどのような事で困っているのかという主訴に重きをおき、状態の経過やどういった環境で育ってきたかという生育歴、また性格や考え方とこれまでの通院歴等が確認されます。これらの内容は、医師が順を追って質問してくれるので、診察前に自分でまとめておく必要はありません。診断項目は、ネットでもをチェックする事が出来ますが、目に見えない心の症状が主であるうつ病は、文字のみでの診断基準を患者本人の感覚で判断するのは難しく、専門科医の確認があって初めて、診断基準に当てはまっているか判断されます。ネットでの診断基準は、可能性があるかの参考に留めておき、専門医の指示を仰ぎましょう。うつ病の診察を行っている科は、精神科と心療内科、メンタルクリニック科の3つで、内科等でも診察してくれる病院もありますが、専門ではないのでお薦めは出来ません。上記にもある通り、うつ病は目に見えない病なので、その判断には専門的な知識が必要となってきます。診察は、うつ病だけではなく、それ以外の病気の可能性も考慮して、様々な項目をチェックしていきます。その為、初診には1時間から2時間と長い時間をかけるので、予約制の病院が殆どです。なので先ずは、病院へ電話等で予約をとってから、指定の受診日に診察を受ける流れとなります。患者の表情や態度、身だしなみも判断基準となってくるので、変に身構えず、ありのままの状態で受診しましょう。子供や老人、また自分1人で病院へ行くのが怖く、話す自信のない人等は、家族に同行してもらうのがいいです。子供や老人は、自分の状態を把握しきれていなかったり、上手く説明する事が難しいので、家族による客観的な状態説明が参考になります。またそれ以外の人でも、患者自身だけではなく第三者の話も聞けた方が、それだけ医師の判断材料が増えます。早期発見が回復の鍵ともなるうつ病。病院へ行く程ではない、精神科へ行くのに抵抗がある等の理由で受診を避ける人もいますが、放っておくと、どんどんとこじれてしまいます。生活に大幅な支障を来す前に、医師に診断してもらい、適切な対処をとれる様にしましょう。