成功率の高い投資マンションの方法をあなただけに伝授

管理の手間を大幅削減

貯金箱

貸主側の強い味方です

不動産賃貸契約を行う上でネックとなるのが、家賃がしっかりと振り込まれるか否かです。家賃を滞納する居住者が現れると家賃収入が一定期間得られなくなるだけではなく、その後の回収を行う手間もかかってきます。そのため、良質な居住者に住んでもらうのが良いのですが、その審査を厳しくすると入居率が下がったり、選定に手間がかかったりと負担が大きくなります。この様に不動産経営を行う方は家賃収入の安定確保が死活問題となっているのです。それらの悩みを解決する形で現れたのが、家賃債務保証と言うサービスです。家賃債務保証とは貸主と借主の間に家賃債務保証を行う業者が入る事で、家賃の受け渡しの確実性を増す事が出来る仕組みとなっています。滞納があった場合、家賃債務保証サービスを提供する会社側が立て替えて貸主に家賃を振り込んでくれますし、入居時の審査も過去の滞納履歴などを独自の調査方法で行ってくれます。貸主側としては賃貸物件を管理する上で助かる内容ばかりです。もちろん、貸主側だけでなく、借りる側にもメリットがあります。連帯保証人を探さなくても良いので、頼れる親族がいない方や連帯保証人を頼みにくい状態にある方でも気軽に賃貸契約が行えます。保証会社を利用する事で毎月の費用は掛かりますが、借り手側としても入居時の手間を考えるとメリットが十分にあると言えるでしょう。なお、家賃債務保証会社を選定する際のポイントとしてはこれまでの管理実績などから選ぶ、あるいは業界の健全化を目的に設立された業界団体があるので、信頼性の観点から、それらの業界団体加盟企業から選ぶのが賢明と言えます。