思いつめる前に、医師へ相談を

うつ診断で原因解明!症状を治すためにできること

男の人

こじらせる前に

うつ病は早期から治療を始める事で、後の回復が早まる傾向があります。少しでもおかしいと感じたら、医師の診断を受け、早期の発見と対処をしましょう。精神科、心療内科、メンタルクリニック科が専門となり、電話等での予約で受診が可能です。

View Detail

医療

最善の治療を受ける為に

気分が優れない状態が続くなどうつ病かなと思ったら、精神科や心療内科で診断してもらう事が大切です。その場合、病院選びが重要ですが、きちんと病気の説明をしてくれるドクターか、アクセスしやすい場所にあるかなど総合的に判断して選ぶ様にしましょう。

View Detail

ウーマン

ゆっくりじっくり症状改善

もしかしてうつ病では無いかという症状が出たら、精神科や心療内科できちんと診断してもらう事が大切です。その場合、長期的に病院に通う事になる為費用面が気になる人も多くいます。助成制度もある為、上手に利用しながらしっかり治療する事をお勧めします。

View Detail

心と体の両方にアプローチ

ナース

なぜ発症してしまうのか

未だにはっきりとした原因が分かっていないうつ病ですが、現在たくさんの研究がされており徐々に発症の仕組みが解明されつつあります。このうつ病は何らかの理由により脳の神経伝達物質の欠乏が起きた状態です。その為、現在治療薬として主に使用されている抗うつ剤は、この症状を改善する為に用いられています。うつ病の診断は精神科や心療内科で行われていますが、そんなうつ病を診断する際の基準はあるのでしょうか。まずうつ病であるかどうかを診断する為には、最初に問診が行われます。そこで現在どの様な症状が出ているのか、どのくらいの期間出ているのかなどチェックしているでしょう。その後診断基準を用いて、当てはまる項目の数がどの程度か、基準を満たしているかをチェックし、最終診断となります。うつ病と診断されると、やはりもしかしてと想像をしていたとしてもやはりショックを受ける人が多くいるでしょう。しかし、うつ病はきちんと治療を行えば治る病気です。病院に行く事こそが、症状改善の為の第一歩になるので、気になる症状がある場合は一度クリニックに行って見る事をおすすめします。実際に治療が始まれば、脳の働きを改善する為の抗うつ剤の服用や精神療法が行われるでしょう。抗うつ剤にも強さがあり、また副作用が出てしまう場合もあります。その為、クリニックでは、薬剤の量や種類を患者さんの状態をみながら細かく調整しているでしょう。また、その他にも精神療法を用いた治療も行っています。この精神療法では認知療法や支持的精神療法など行い、患者さんの心にアプローチを掛けていきます。この病気の場合、体だけでは無く、心にも様々な症状が現れてくる為、体と心の療法の治療を十分に行う必要があるでしょう。その為、認知療法では悲観的になってしまっている物の考え方や歪んだ考えをしっかり修正しています。その為にも、患者さんの悩みの根底には何があるのかカウンセリングを通してドクターがしっかり聞き出しているでしょう。ドクターに話を聞いてもらうだけでも安心感を得る事が出来、また、病気について丁寧に説明をしてもらう事で、治療の必要性をしっかり感じる事が出来ます。この病気は、はっきりとした原因が分かってしません。しかし、薬の服用や精神療法を受ける事でしっかり効果を発揮してくれます。現在100万人以上の患者さんが苦しんでいるこの病気ですが、毎年数多くの研究がされ、新しい薬の開発なども行われています。その為、徐々にその原因が解明されてきており、近い将来はっきりとした原因が分かる日がくるかもしれません。近年日本はストレス社会と言われ、多くの人が毎日ストレスを抱えながら生活しています。このストレスも要因の一つであり、大きく影響している為、出来るだけストレスを抱え込まない様な生活をする事が大切です。また、決して珍しい病気ではない為、早期に症状を改善する為には周りの人の気付きも大切になるでしょう。もし周りに最近何だかおかしいと感じる様な人がいたら、病院を勧めてみるのも良い事です。ただし無理に行くよう説得するのではなく、あくまでも本人の行こうと言う気持ちになる様に優しく勧める様にしましょう。